安全・安心の町で地域と共に歩む松本自動車

トピックス

トピックス詳細

2014年6月11日

安全・安心町づくり

地域ふれあい安全活動

img0027 img0028

桜井署大宇陀幹部交番連絡協議会は日、同協議会委員ら人と署員7人で地域の住宅や事業所を回り、振り込め詐欺の防止や交通安全を訴えた。

桜井署大宇陀幹部交番連絡協議会は日、同協議会委員ら人と署員7人で地域の住宅や事業所を回り、振り込め詐欺の防止や交通安全を訴えた。

宇陀市大宇陀拾生の「あきののゆ」や同市大宇陀本郷の「椿寿荘」、同市大宇陀栗野の「阿騎野ゴルフクラブ」で、各管理者から車上狙いの予防やハンドルキーパー運動などに取り組む宣言を受けたほか、地域の一般住宅約軒を訪問、チラシを配布しながら防犯対策を訴えたり、相談に応じたりした。
同協議会の松本匡司会長は「宇陀署が統合されたが、協議会の活動をすすめ、地域住民に安心感を持ってもらいたい」と話していた。
同協議会の地域の独居老人宅などを訪問する活動は9回目になるが、旧宇陀署と桜井署が統合されて初の取り組み。

一覧へ戻る »